クロスター

N2ショートフード装置

photo

●特徴

●低酸素濃度
・独自のN2吐出方式により少量のN2供給量で低酸素濃度を実現する。
●メンテナンスが容易
・少ない部品とシンプルな構造により脱着が容易であり保守性に優れている。
●ハイコスト・パフオーマンス
・少ない設備投資額で、はんだ付け品質の向上及びはんだ使用量の滅少が得られる。
●詳細
・自動はんだ付け装置300、350、400、450の各サイズに対し、個別に対応し製作します。
・コンベア角度は、NN型は5°を標準、SS型は5.5°を標準とします。これ以外の角度についても対応します。(※注1)
・実装部品高さは、60mmを標準とします。(※注1)
・爪洗浄器は、N2ショートフード専用のタイプと交換します。
・はんだ槽上/下機構は、ハンドル上/下方式とします。オプションで自動上/下機構も取付けられます。
・N2供給圧は、0.5MPa 以上とします。
・N2流量計は、2本を標準とします。
・基板下のリード長さは、最大8mmです。(※注1)
・装置内に冷却ファンが設置されている場合は、ファンを装置外に移設します。
・スポットクーラー、エアコン類の風が装置内に直接風として入り込まないように注意して下さい。
・はんだ付け装置への基板投入間隔は、安定したN2雰囲気を維持するために、基板1枚分以上開けて投入することを推奨します。
(※注1)仕様の変更は相談に応じます。
●参考データー(LG−300NN型)
濃度(弊社における試験データーを参考として記載します。)
条件1)プリヒーターON 条件2)はんだ槽温度250℃
条件3)コンベアスピード1.2m/分 条件4)一次、二次噴流ON
条件5)供給N2純度99.999% 条件6)基板無搬送状態
コンベア幅 (mm) 供給量 (m3/h)
10 12 14
100 50 40 40 35 35
150 1200 400 80 50 50
200 1400 700 300 100 80
250 3500 3000 1000 200 100
300 8000 7000 4000 1000 500
※表中のデータは、平均値であり設置条件により変動することがあります。 (単位:ppm)
・酸化物発生量は、大気中の場合と窒素雰囲気の場合とでは、窒素雰囲気の場合の方が約1/3です。(当社比)